コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛸の木 タコノキ

デジタル大辞泉の解説

たこ‐の‐き【×蛸の木】

タコノキ科の常緑小高木。幹の下部から多数の気根を伸ばし、蛸の足に似る。枝の頂に細長い葉が密生雌雄異株。果実はパイナップル状で、種子は食用とされる。小笠原諸島など亜熱帯地方に産する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たこのき【蛸の木】

タコノキ科の常緑高木。小笠原など暖地に自生。高さ10メートル 内外。幹の下方から太い気根をタコの足状に多数出す。葉は長い剣形で枝先に集まってつく。雌雄異株。果実はパイナップル状。気根の繊維で縄を、葉で帽子やかごなどを作る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蛸の木の関連キーワードタコノキ科龍郷町暖地

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android