コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜀桟道 しょくさんどうShǔ zhàn dào

世界大百科事典 第2版の解説

しょくさんどう【蜀桟道 Shǔ zhàn dào】

桟道とは一般に,山中の険しい崖などに木を組んでかけわたして作った道で,〈かけはし〉ともいう。中国では,関中から蜀への道が大巴山脈を越える所にあるのを蜀桟と呼び,北にある秦桟に対する。蜀桟は陝西省沔(勉)県(べんけん)より,四川省剣閣に至る道で,長安成都を結ぶ交通上の難所にあたり,金牛道石牛道とも呼ばれる。剣閣は大剣山(剣門山)に,諸葛亮(しよかつりよう)が石を鑿(うが)ち空に架して飛閣を作ったものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

蜀桟道の関連キーワード桟道

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android