コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大巴山脈 だいはさんみゃく

百科事典マイペディアの解説

大巴山脈【だいはさんみゃく】

中国の四川,甘粛,陝西,湖北4省の境をなす山地の総称。四川,漢中両盆地の境界をなしている。西部は米倉山,東部は狭義の大巴山(神農架)と呼ばれる。平均標高2000〜2500m。
→関連項目四川盆地

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいはさんみゃく【大巴山脈 Dà bā shān mài】

中国の甘粛・陝西・四川・湖北の省境を北西から南東にのびる山脈。西部は米倉山,東部は狭義の大巴山すなわち神農架と称する。標高2000~3000m。主峰は湖北の大神農架で3053m。ドリーネや鍾乳洞などのカルスト地形も発達,植生の垂直分布が明瞭で,重要な森林区の一つである。古来,北側の陝西省漢中盆地と南側の四川盆地をめぐる抗争地点となり,両者をわける交通の要所である。【駒井 正一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大巴山脈
だいはさんみゃく / ターパーシャン

中国、四川(しせん)省北東部と陝西(せんせい)省南部の省境から湖北省中部へ走る山脈。西部は米倉(べいそう)山脈ともいう。標高2000~2500メートル。主峰は湖北省の大神農架(だいしんのうか)山(3053メートル)。甘粛(かんしゅく)省南東部に発した嘉陵江(かりょうこう)が山脈西端の縦谷を南流したりするが、ほぼ、北の漢中、南の四川両盆地の分水嶺(ぶんすいれい)をなし、その縦谷は古くから南北交通に利用された。山脈南東の巫山(ふざん)山脈を揚子江(ようすこう)が三峡を形成しつつ東流している。[小野菊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大巴山脈の関連キーワードターパーシャンマイ蜀桟道

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android