コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜂の寓話 はちのぐうわ The Fable of the Bees

1件 の用語解説(蜂の寓話の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はちのぐうわ【蜂の寓話 The Fable of the Bees】

イギリスの政治風刺家マンデビルBernard de Mandeville(1670‐1733)の著作(1714)。マンデビルはオランダに生まれ,ライデン大学で医学と哲学を学び,後にイギリスに帰化した。彼の初期のいくつかの詩作の中にもすでに同じテーマがみられるが,この詩の主題は,副題の〈Private Vices,Publick Benefits〉からわかるように,巣の中の個々の蜂は醜い私欲と私益の追求にあくせくしているが,巣全体は豊かに富み,力強い社会生活が営まれているという点にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の蜂の寓話の言及

【マーケット・メカニズム】より

…この発見に関して,まずその名前を挙げなければならないのは,オランダ出身のイギリス人マンデビルBernard de Mandeville(1670‐1733)である。彼の政治的風刺詩《蜂の寓話》は,巣の中の個々の蜂は醜い私欲と私益の追求にあくせくしているが,巣全体は豊かに富み,力強い社会生活が営まれている姿を巧みにうたっている。この詩の副題にある〈私的悪徳が公共的便益につながる〉という主張は,後にA.スミスの自由主義的経済学や分業論に大きな影響を与えることになる。…

※「蜂の寓話」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蜂の寓話の関連キーワードマンシーイギリスオランダ戦争イギリスビルマ戦争英国デビルイギリス巻イギリス組曲河合秀和アンビルデビル (anvil devil)イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone