コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜂の寓話 はちのぐうわThe Fable of the Bees

世界大百科事典 第2版の解説

はちのぐうわ【蜂の寓話 The Fable of the Bees】

イギリスの政治風刺家マンデビルBernard de Mandeville(1670‐1733)の著作(1714)。マンデビルはオランダに生まれ,ライデン大学で医学と哲学を学び,後にイギリスに帰化した。彼の初期のいくつかの詩作の中にもすでに同じテーマがみられるが,この詩の主題は,副題の〈Private Vices,Publick Benefits〉からわかるように,巣の中の個々の蜂は醜い私欲と私益の追求にあくせくしているが,巣全体は豊かに富み,力強い社会生活が営まれているという点にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の蜂の寓話の言及

【マーケット・メカニズム】より

…この発見に関して,まずその名前を挙げなければならないのは,オランダ出身のイギリス人マンデビルBernard de Mandeville(1670‐1733)である。彼の政治的風刺詩《蜂の寓話》は,巣の中の個々の蜂は醜い私欲と私益の追求にあくせくしているが,巣全体は豊かに富み,力強い社会生活が営まれている姿を巧みにうたっている。この詩の副題にある〈私的悪徳が公共的便益につながる〉という主張は,後にA.スミスの自由主義的経済学や分業論に大きな影響を与えることになる。…

※「蜂の寓話」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蜂の寓話の関連キーワードトリクルダウン理論上田 辰之助

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android