コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜂屋茂橘 はちや もきつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蜂屋茂橘 はちや-もきつ

1795-1873 江戸時代後期の随筆家。
寛政7年生まれ。田安家につかえ,目付,広敷(ひろしき)用人などをつとめた。ひろい見聞にもとづいて「しいのみ袋」「椎の実筆」「椎園雑抄」などおおくの随筆雑記類をのこす。井上文雄や谷文晁(ぶんちょう)らと交遊があった。明治6年12月23日死去。79歳。江戸出身。名は惟清,清漪(きよなみ)。号は椎園。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

蜂屋茂橘の関連キーワードシラー(Friedrich von Schiller)フランス史(年表)サッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)大不況鉄筋コンクリート構造エッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android