蜂屋茂橘(読み)はちや もきつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蜂屋茂橘 はちや-もきつ

1795-1873 江戸時代後期の随筆家。
寛政7年生まれ。田安家につかえ,目付,広敷(ひろしき)用人などをつとめた。ひろい見聞にもとづいて「しいのみ袋」「椎の実筆」「椎園雑抄」などおおくの随筆雑記類をのこす。井上文雄や谷文晁(ぶんちょう)らと交遊があった。明治6年12月23日死去。79歳。江戸出身。名は惟清,清漪(きよなみ)。号は椎園。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android