コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広敷 ヒロシキ

デジタル大辞泉の解説

ひろ‐しき【広敷】

江戸時代、町家で台所の上り口の板敷の間。また、大名邸内の奥向きの所。
江戸城中、本丸西の丸大奥にあった大奥役人の詰め所。大奥の事務を扱う。
広間。
「宿の―に出でて」〈浮・諸艶大鑑・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひろしき【広敷】

台所の板敷または畳敷の間。
大名家の台所向き、また奥向きの称。
江戸城で、本丸と西の丸の大奥にあった局つぼね

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

広敷の関連キーワード藤岡屋由蔵山中 共古白鯉館卯雲八田知紀早瀬マミ坂部明之寺山吾鬘木室卯雲木村高敦板倉復軒神谷克楨大沼枕山桜井政蕃窪田清音有田貞勝御広敷番蜂屋茂橘西条陣屋山中共古小間使

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android