コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上文雄 いのうえ ふみお

7件 の用語解説(井上文雄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

井上文雄

歌人・田安家侍医・国学者。通称元真、号は柯堂。初め岸本由豆流に、のち一柳千古に学び国典を講究し詠歌に長ずる。明治4年(1871)歿、72才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いのうえ‐ふみお〔ゐのうへふみを〕【井上文雄】

[1800~1871]江戸後期の国学者・歌人。江戸の人。著「伊勢の家苞(いえづと)」「調鶴集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上文雄 いのうえ-ふみお

1800-1871 江戸時代後期の歌人。
寛政12年生まれ。田安家の侍医。岸本由豆流(ゆずる)と一柳千古(ひとつやなぎ-ちふる)にまなぶ。江戸派の歌人で,歌論にもすぐれた。明治4年11月18日死去。72歳。江戸出身。通称は元真。号は柯(歌)堂(かどう),調鶴など。著作に「伊勢(いせ)の家つと」「調鶴集」など。
【格言など】酔(ゑ)ひにたる舎人(とねり)が顔の衣(きぬ)くばりいづれの殿の使なるらむ(「調鶴集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

井上文雄

没年:明治4.11.18(1871.12.29)
生年:寛政12(1800)
江戸後期の国学者,歌人。通称元真,号歌堂,柯堂。田安家の侍医。岸本由豆流,一柳千古に指導を受ける。国学者としての著述に『大井河行幸和歌考証』『冠註大和物語』(1853)などがあるが,むしろ歌人として本領を発揮した。歌学歌論書『伊勢の家づと』がその代表的な著述である。草野御牧,佐佐木弘綱,横山由清ら有力な門人に恵まれて没後も名声は高かった。家集に『調鶴集』がある。<参考文献>熊谷武至「井上文雄文献傍註例」1~4(『続々歌集解題余談』)

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いのうえふみお【井上文雄】

1800‐71(寛政12‐明治4)
江戸後期の国学者。通称玄真,号は柯堂,歌堂,調鶴。田安家に医師として仕える。はやくから和歌に関心を示し,初め岸本由豆流に,のち一柳千古に学び,作歌において香川景樹以後の名人と称された。和歌は撰集よりも家集を重んじるべきだとし,古人の家集を愛した。国典にも通じ《大和物語新註》《冠註大和物語》などを著している。随筆に《歌堂随筆》《柯堂枕談》《歌堂酔語》などがある。【南 啓治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いのうえふみお【井上文雄】

1800~1871) 江戸後期の国学者・歌人。号、歌堂。江戸の人。田安家侍医。岸本由豆流ゆずるに国学を学び、和歌をよくした。著「伊勢の家苞いえづと」、家集「調鶴集」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井上文雄
いのうえふみお
(1800―1871)

江戸後期の歌人。通称元真。家号は歌堂(かどう)。文雄は法号。田安(たやす)家侍医。岸本由豆流(きしもとゆずる)に国学を学び、のち一柳千古(いちやなぎちふる)門。江戸に居住し、歌人としてたつ。歌論に『伊勢(いせ)の家づと』(1864)などがある。『万葉集』を理想とする賀茂真淵(かもまぶち)の説に反対し、『古今集』を尊ぶ香川景樹(かがわかげき)説を支持。江戸派の系統に属する。歌集『調鶴集(ちょうかくしゅう)』(1868)は短歌917首、連歌2首、長歌5首を収録。「さくらちり鈴菜こぼるる田舎道これより春も暮れてゆくらむ」などの写実的な歌がある。明治4年11月没。墓所は東京・谷中(やなか)の玉林寺にある。[辻森秀英]
『辻森秀英著『近世後期歌壇の研究』(1978・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井上文雄の関連キーワード江沢講修岩月白華大垣久雄長治祐義西村正邦渡辺寿佐倉真邦桜井信景鶴峰戊申加茂季鷹

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

井上文雄の関連情報