蜂巣綴蛾(読み)はちのすつづりが

精選版 日本国語大辞典「蜂巣綴蛾」の解説

はちのす‐つづりが【蜂巣綴蛾】

〘名〙 メイガ科のガ。はねの開張三〇ミリメートル内外。前ばねは暗灰褐色または暗褐色で、後ろばねは白い。幼虫はミツバチの巣にすみ、蝋を食べ、トンネルをつくるので、損害を与えることがある。毛皮、羊毛にも寄生する。本州以南、旧北区、オーストラリア、新北区に広く分布する。はちみつが。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android