はちみつ

食の医学館の解説

はちみつ

《栄養と働き&調理のポイント》


 はちみつは(みつばち)が花の蜜を体内の酵素で分解した、天然の甘味料です。古代から人類は、はちみつを神聖な食べものとして愛好してきました。
○栄養成分としての働き
 はちみつの甘みの主要成分は果糖とブドウ糖で、ほかにオリゴ糖も含まれています。このうち果糖とブドウ糖は、すばやく体内へ吸収できるのが特徴。そのため、疲労倦怠(ひろうけんたい)時に摂取すれば、極めてスピーディーに回復効果が現れます。
〈オリゴ糖が腸内の善玉菌をふやす〉
 オリゴ糖は腸内の善玉菌の増加をうながして、便秘(べんぴ)や下痢(げり)を解消し、老化やがんの予防にも有効です。
 そのほかにもはちみつには、腸内環境をよくするグルコン酸や鉄、亜鉛(あえん)、銅をはじめとする、さまざまなミネラルや有益な微量成分が含まれています。はちみつは、花の種類によってさまざまですが、そばなど鉄分の多いはちみつほど色が濃く感じます。
 これらの働きにより、肌を潤して美容にもよいとされています。お湯に溶かして飲めば、のどの痛みやせきをやわらげるのにも役立ちます。
 はちみつは甘みが強いので、料理に使うときは量をひかえめにしましょう。
 保存は冷暗所なら半永久的に大丈夫で、結晶してもあたためればもとにもどります。

出典 小学館食の医学館について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はちみつの関連情報