コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蝉しぐれ

3件 の用語解説(蝉しぐれの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

蝉しぐれ

藤沢周平の長編時代小説。藤沢の代表作のひとつ。1988年刊行。架空の海坂藩を舞台にした作品群のひとつ。2003年、内野聖陽主演でドラマ化(NHK)。2005年、黒土三男監督、市川染五郎主演で映画化。

蝉しぐれ

2005年公開の日本映画。監督・脚本:黒土三男、原作:藤沢周平、撮影:釘宮慎治。出演:市川染五郎、木村佳乃今田耕司、ふかわりょう、原田美枝子、緒形拳、石田卓也ほか。第79回キネマ旬報ベストテン新人男優賞(石田卓也)受賞。

蝉しぐれ

日本のテレビドラマ。放映はNHK(2003年8月~10月)。時代劇。全7回。原作:藤沢周平。脚本:黒土三男。音楽:小室等。出演:内野聖陽、水野真紀鈴木杏樹竹下景子ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蝉しぐれの関連キーワード儀式首の座沈黙誘拐OUT美しい夏キリシマ白い手スパイ・ゾルゲ不毛地帯真昼の暗黒

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蝉しぐれの関連情報