藤沢(読み)ふじさわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤沢
ふじさわ

岩手県南端部,一関市南部の旧町域。1926年町制。1955年黄海村,八沢村および大津保村の一部と合体,2011年一関市に編入。地域名は中世からの地名で,神奈川県藤沢にちなむという。東北の島原ともいわれるキリシタン殉教の地で,大籠地区にはキリシタン弾圧の供養碑などがある。陶芸が盛んで,土器などを焼く祭典,縄文野焼祭が行なわれる。北上高地に属する丘陵地帯で占められ,米作,タバコ栽培が行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじさわ【藤沢】[地名]

神奈川県中南部の市。相模湾に面する。東海道宿場町遊行寺(ゆぎょうじ)門前町として発展。京浜工業地帯の一部で、片瀬江ノ島鵠沼(くげぬま)などは海水浴場・行楽地。人口41.0万(2010)。

ふじさわ【藤沢】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「藤沢」姓の人物
藤沢周(ふじさわしゅう)
藤沢周平(ふじさわしゅうへい)
藤沢利喜太郎(ふじさわりきたろう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじさわ【藤沢】

神奈川県中南部、相模湾に面する市。もと清浄光しようじようこう寺の門前町、東海道の宿場町。京浜工業地帯の一部を形成。片瀬かたせ海岸は海水浴場として有名。

ふじさわ【藤沢】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤沢
ふじさわ

岩手県南部、東磐井(ひがしいわい)郡にあった旧町名(藤沢町(ちょう))。現在は一関(いちのせき)市の南東部を占め、北上(きたかみ)高地南端、北上川左岸に位置する。旧藤沢町は1926年(大正15)町制施行。1955年(昭和30)黄海(きのみ)、八沢(やさわ)の2村、大津保(おおつぼ)村の一部と合併。2011年(平成23)一関市へ編入された。葉タバコ栽培、養蚕地として知られ、近年は酪農も盛ん。宮城県との境にある館ヶ森(たてがもり)山には放牧場がある。地区への交通はJR東北本線花泉駅などからのバスによる。仙台藩政時代から昭和初頭までは、北上川の舟運が盛んであった。大籠(おおかご)は永禄(えいろく)年間(1558~1570)に備中(びっちゅう)(岡山県)から製鉄技術とともにキリスト教が伝わった地で、1639~1640年(寛永16~17)キリシタン300余人が処刑された。[金野一]
『『藤沢町史』全2巻(1979、1981・藤沢町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤沢の関連情報