コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

融資比率方式 ゆうしひりつほうしきpro-rated local-cost financing criteria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

融資比率方式
ゆうしひりつほうしき
pro-rated local-cost financing criteria

特定のプロジェクトに対する借款供与額を算定する際に,必要な総事業費総額 (外貨分,内貨分を含む) に一定の比率を乗じた金額を供与額の基礎額とする方式世界銀行,アジア開発銀行で採用されており,海外経済協力基金 (現国際協力銀行) も 1989年度から採用している。従来の外貨分を前提に借款供与額を算定する方式では,内貨の手当てが困難な国においては,必要度の高いプロジェクトであっても,内貨の比重の高いプロジェクトは実現されないおそれがあり,このような事態を避けるため,この方式が導入された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

融資比率方式の関連キーワードローカル・コスト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android