蟄虫戸を坏ぐ(読み)ちっちゅうこをふさぐ

精選版 日本国語大辞典の解説

ちっちゅう【蟄虫】 戸(こ)=を坏(ふさ)ぐ[=に坏(つちか)う]

冬ごもりする虫が、寒さを防ぐために入口の穴をせまくふさぐ。《季・秋》
※文明本節用集(室町中)「八月中 蟄虫坯(トヲマス)
※俳諧・改正月令博物筌(1808)八月「蟄虫坏戸(チッチウコヲフサグ)は虫冬の寒気をふせがんため土にて穴をふさぐ也」 〔礼記‐月令〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android