蟹の横這い(読み)カニノヨコバイ

デジタル大辞泉 「蟹の横這い」の意味・読み・例文・類語

かに横這よこば

物事がなかなか前に進まないこと。
《他からは不自然に見えても、カニにとっては自然な歩き方であることから》他人が見ると不自由そうでも、自分には最も適していること。また、それぞれが自分の特色をもっていること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ことわざを知る辞典 「蟹の横這い」の解説

蟹の横這い

はた目には不自由に見えても、自分には最も適していること。また、それぞれが自分の特色を生かした才能を持っていることのたとえ。

[解説] カニの歩き方はぎこちないようでも、カニにとってはいちばんいい歩き方であるという意味から。「猿の木登り」と続けることもあります。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android