蟹の横這い(読み)かにのよこばい

ことわざを知る辞典「蟹の横這い」の解説

蟹の横這い

はた目には不自由に見えても、自分には最も適していること。また、それぞれが自分の特色を生かした才能を持っていることのたとえ。

[解説] カニの歩き方はぎこちないようでも、カニにとってはいちばんいい歩き方であるという意味から。「の木登り」と続けることもあります。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「蟹の横這い」の解説

かに横這よこば

物事がなかなか前に進まないこと。
《他からは不自然に見えても、カニにとっては自然な歩き方であることから》他人が見ると不自由そうでも、自分には最も適していること。また、それぞれが自分の特色をもっていること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android