コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟻吸 アリスイ

デジタル大辞泉の解説

あり‐すい〔‐すひ〕【×蟻吸】

キツツキ科の鳥。全長、約18センチ。全体に灰褐色くちばしは弱く、地上などでアリを食べる。北海道および本州北部で繁殖する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ありすい【蟻吸】

キツツキ目キツツキ科の小鳥。全長17センチメートル 内外。背面は褐色で黒い横斑がある。木の幹に穴を掘らず、他鳥の古巣や巣箱を利用して繁殖。地上におりて舌でアリを捕らえて食う。東北地方以北で繁殖し、冬は本州以南に渡る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蟻吸 (アリスイ)

学名:Jynx torquilla
動物。キツツキ科の渡り鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蟻吸の関連キーワード褐色古巣巣箱

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android