蟻走感(読み)ギソウカン

大辞林 第三版の解説

ぎそうかん【蟻走感】

アリが肌の上をはっているような、むずむずした感じのする知覚異常。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎそう‐かん【蟻走感】

〘名〙 体のどこかを虫がはうようなむずむずする知覚異常。知覚性刺激症状の一つ。
※誰かが触った(1972)〈宮原昭夫〉一〇「手の甲に蟻走感があったり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android