宮原昭夫(読み)ミヤハラアキオ

  • みやはらあきお〔あきを〕
  • 宮原昭夫 みやはら-あきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1932- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和7年8月5日生まれ。予備校,学習塾などの教師をつとめる。昭和41年「のニンフ達」で文学界新人賞,47年「誰かが触った」で芥川賞。社会性のこい作風で注目されたが,「のいる海」などのユーモア小説も手がける。神奈川県出身。早大卒。作品はほかに「私小説家の私事」「あなたの町」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android