血が上がる(読み)ちがあがる

精選版 日本国語大辞典「血が上がる」の解説

ち【血】 が=上(あ)がる[=上(のぼ)る]

産後の疲労や、精神的ショックなどによってのぼせるなどの異常を起こす。また、興奮して頭に血が集まる。のぼせる。逆上する。上気する。血が起こる。
※全九集(1566頃)二「産後に血あがり、めまい口くひつめ」
※滑稽本・東海道中膝栗毛‐発端(1814)「今のさはぎに血(チ)があがったのだろう」
※歌舞伎・三人吉三廓初買(1860)三幕「一伍一什を女房に話すと、直に血(チ)が上(ノボ)り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android