コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血餅収縮試験 けっぺいしゅうしゅくしけん clot retraction test

1件 の用語解説(血餅収縮試験の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けっぺいしゅうしゅくしけん【血餅収縮試験 clot retraction test】

正常な血液は血管の外へ出ると固まって凝血塊となるが,これは血餅(けつぺい)blood‐clotと呼ばれる。血餅は時間とともに漸次収縮していき,血清が分離される。この現象が血餅収縮で,凝血塊中のフィブリン繊維に付着した血小板の偽足様突起が収縮するためにおこるとされている。したがって,血小板の数が減少している場合や,数は正常でもその機能が低下している場合(血小板無力症など),また著しい低フィブリノーゲン血症の場合,血餅収縮力が減退し,血清は分離されにくい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

血餅収縮試験の関連キーワード血液凝固脳血栓凝血左心房城外出る所へ出る抜け出る収縮期血圧凝血時間修正大血管転位(症)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone