コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行ずる ギョウズル

デジタル大辞泉の解説

ぎょう・ずる〔ギヤウずる〕【行ずる】

[動サ変][文]ぎゃう・ず[サ変]
修行をする。「道を―・ずる」
行う。
「此の優婆塞(うばそく)善を―・ずる人と聞きて」〈今昔・二・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょうずる【行ずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 ぎやう・ず
修行する。 「道を-・ずる」
事を行う。 「好事を-・じて前程を問ふことなかれ/徒然 171
歩く。 「各七歩を-・じ畢おわりて/今昔 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

行ずるの関連キーワード観世音菩薩十二神将ヤントラ朝題目本山派仏法僧義範成尋坐禅息災正像調伏放題警策

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android