行動文学(読み)こうどうぶんがく

百科事典マイペディアの解説

行動文学【こうどうぶんがく】

1930年代に主としてフランスに生まれた,行動を重んずる文学上の主義。個人的または社会的な行動においても,その美学表現においても革命的,冒険的であることを主張した。モンテルランマルローなど。
→関連項目夜間飛行

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android