コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行動文学 こうどうぶんがく

1件 の用語解説(行動文学の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

行動文学【こうどうぶんがく】

1930年代に主としてフランスに生まれた,行動を重んずる文学上の主義。個人的または社会的な行動においても,その美学表現においても革命的,冒険的であることを主張した。
→関連項目夜間飛行

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

行動文学の関連キーワードカンプラシスレー広域テフラフランス窓大クープランフランキンセンスフランス刺繍プレイヤードヌーベル・キュイジーヌ平尾 貴四男

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone