コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜間飛行 やかんひこう Vol de nuit

7件 の用語解説(夜間飛行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夜間飛行
やかんひこう
Vol de nuit

フランスの作家サン=テグジュペリの小説。 1931年刊。南アメリカを舞台に,夜間飛行を断行して嵐に見舞われた郵便機をめぐって,行動の倫理の問題を追究した小説。飛行士であった作者の体験と深いヒューマニズムに支えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やかんひこう〔ヤカンヒカウ〕【夜間飛行】

《原題、〈フランスVol de Nuitサン=テグジュペリの小説。1931年刊。航空郵便事業のために困難な夜間飛行に従事する人々の姿を通して、責任をもって行動することの倫理性と人間の尊厳を探求した作者の代表作の一つ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

夜間飛行【やかんひこう】

星の王子さま》の作者サンテグジュペリの小説。《Vol de nuit》。1931年刊。飛行士としての体験をもとに,航空会社の支配人と操縦士たちの情熱と冒険を,作者独自の詩的な文体で描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

夜間飛行

《VOL DE NUIT》フランスの香水・化粧品メーカーゲランフレグランス。1933年発表。ゲラン3代目の調香師、ジャック・ゲランの作。名称はサン=テグジュペリの小説の題名から。

夜間飛行

日本のポピュラー音楽。歌は男性シンガーソングライター、石崎ひゅーい。2013年発売。テレビ東京系で放送のドラマ「みんな!エスパーだよ!」のエンディングテーマ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やかんひこう【夜間飛行 Vol de nuit】

フランスの作家サンテグジュペリの小説。作者がアエロポスタル社のアルゼンチン支社長時代に執筆され,1931年に出版,同年のフェミナ賞の受賞作となる。中心人物リビエールは,郵便飛行事業の開拓期に,鉄の意志と峻厳な規則とをもって,作者をはじめ多くのパイロットを鍛え上げたディディエ・ドーラをモデルにしている。リビエールは,チリ,パラグアイパタゴニアの3方面から飛来する郵便機をブエノス・アイレスに迎え,それをヨーロッパ便に接続させるという中枢的重責を担う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夜間飛行
やかんひこう
Vol de Nuit

フランスの小説家アントアーヌ・ド・サン・テグジュペリの小説。1931年刊。ある暴風雨の夜、ブエノス・アイレス空港に帰ろうとしている郵便輸送機がある。パイロットのファビアンは必死に基地と連絡をとろうとする。高度はすでに500メートルに落ち、やっと山地を逃れて海に出たが、燃料はあと30分しかない。ファビアンは死と直面しながらの行動のなかでも、なお地上の幸せ、日常生活における個人的幸福を思索する。一方、ファビアンの親友で、基地の主任リビエールは、ファビアン機の不時着の有無を各基地に問い合わせ、親友の生死の確認に苦慮しながらも、各基地の人間との連帯や航空事業の命運に心を砕かねばならない。それが社会のなかで行動する人間としての彼のモラルであり信念なのだ。だから彼は、結局遭難死したファビアンに対する個人的哀悼や悲しみを乗り越えて、ふたたび他の飛行機に発進命令を出さねばならない。ほかのパイロットたちをまたも死の危険にさらさねばならない。アンドレ・ジッドの序文でいう「人間の幸福は自由のなかにあるのではなく、義務の甘受のなかにあるという事実」を、人間の尊厳の明証たる勇気ある行動のうちに追求した思索小説。[榊原晃三]
『堀口大学訳『夜間飛行』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の夜間飛行の言及

【香水】より

…1910年代まではヤードレー,ウビガン,ロジェ・アンド・ガレ,ゲラン,コティ,キャロンといった香水や化粧品の専門メーカーによって,それも天然香料を主にした香水が発売されていたが,1920年代になってオート・クチュールのシャネルが合成香料のアルデハイドを配合した香水〈No.5〉を発表し,以後ランバン,ジャン・パトゥ,スキャパレリ,ディオールなどデザイナー・ブランドの香水が発売される傾向になった。香りのタイプもシングルフローラル(単純な花の香り)からオリエンタル(ジャコウなど動物的な香り,ダナの〈タブー〉,ゲランの〈ボル・ド・ニュイ(夜間飛行)〉など),シプレー(シプル島のイメージをもった粉っぽい香り,ゲランの〈ミツコ〉,ディオールの〈ミス・ディオール〉など),フローラルブーケ(花束の香り,ジャン・パトゥの〈ジョイ〉,ニナ・リッチの〈カプリッチ〉など),アルデハイド(合成香料アルデハイドを主調としたモダンな香り,〈シャネルNo.5〉,ランバンの〈アルページュ〉など)と発展し,1970年代からグリーン・ノート(青葉・青草の香り,〈シャネルNo.19〉,Y.サン・ローランの〈イグレック〉など)が流行した。これらの香水の多様な発展には,そのさまざまな微妙な匂いの違いをかぎわけて調合する調香師の果たす役割も見逃せない。…

※「夜間飛行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

夜間飛行の関連キーワードタルファヤヒュペリオン星の王子さまゴンクールサンテグジュペリベルクール広場サンティエサン=テグジュペリ 「星の王子さま」になった操縦士ジョルジュ・サンド内藤濯

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

夜間飛行の関連情報