コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行動論政治学 こうどうろんせいじがくbehavioral approach

1件 の用語解説(行動論政治学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行動論政治学
こうどうろんせいじがく
behavioral approach

従来の規範的政治アプローチへの批判として登場した政治分析の方法。大きな政治組織でなく,個人を分析対象とし,心理学で発達した行動主義の影響を受け,データを統計的な手法で解析する。政治学においても各種の方法が開発され,特に,世論調査コンピュータ統計処理の進歩により選挙行動や政治心理的な研究が進展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone