コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行巡 ぎょうじゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行巡 ぎょうじゅん

?-? 平安時代前期の僧。
真言宗。摂津弥勒(みろく)寺(大阪府)の座主(ざす)をつとめ,顕密二教に通じる。貞観(じょうがん)(859-877)のころ,清和天皇病気祈祷(きとう)をもって治癒させたため,同寺に勝尾(かつお)寺の寺号をおくられたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

行巡

生年:生没年不詳
平安前期の真言宗の僧で,摂津勝尾寺(大阪府)の第7世座主。貞観年間(859~876),清和天皇が病気のとき,招請のための使者眼前で空中浮揚などの奇跡を現出し,天皇のもとへ法衣念珠を飛ばして病気を癒したと伝わる。正統僧侶というよりは民間の行者的色彩が濃い。

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

行巡の関連キーワード寝刃を合わす大事に懸ける真っ平御免取り拉ぐ泉 鏡花食べ酔う観念小説覚悟の前心を置くぬっくと泉鏡花長崎大全体生年以外厳責天色造次巡的向後

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行巡の関連情報