コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行政コスト ギョウセイコスト

デジタル大辞泉の解説

ぎょうせい‐コスト〔ギヤウセイ‐〕【行政コスト】

企業会計の考え方に基づいて行政機関財政状況を開示する財務書類の一つ。国・地方公共団体特殊法人などの行政機関が行政サービスを提供するために消費した費用を示す。民間企業に適用される企業会計原則に準拠して計算されるため、行政機関の財務の健全性を現実的に評価することができる。
[補説]総務省が提唱する行政コスト計算書では、人にかかるコスト(人件費、退職給与引当金繰入など)、物にかかるコスト(物件費、維持補修費、減価償却費など)、移転支出的なコスト(扶助費・補助費・繰出金など)、その他のコスト(災害復旧費・失業対策費・地方債利子など)に区分される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

行政コストの関連キーワードバランスシート(BS)と行政コスト計算書ベーシックインカム(BI)住民基本台帳ネットワークコンパクトシティーベーシックインカムコンパクトシティ指定管理者制度連結財務諸表集積の不経済ピグー税業務委託逆所得税二重行政公会計補説

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行政コストの関連情報