コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行政コスト ギョウセイコスト

1件 の用語解説(行政コストの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎょうせい‐コスト〔ギヤウセイ‐〕【行政コスト】

企業会計考え方に基づいて行政機関財政状況を開示する財務書類の一つ。国・地方公共団体特殊法人などの行政機関行政サービスを提供するために消費した費用を示す。民間企業に適用される企業会計原則に準拠して計算されるため、行政機関の財務の健全性を現実的に評価することができる。
[補説]総務省が提唱する行政コスト計算書では、人にかかるコスト人件費退職給与引当金繰入など)、物にかかるコスト(物件費、維持補修費、減価償却費など)、移転支出的なコスト(扶助費・補助費・繰出金など)、その他のコスト(災害復旧費・失業対策費地方債利子など)に区分される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

行政コストの関連キーワード会計原則行政機関財政法自治行政職権命令地方財政企業会計ケインジアン地方行政機関時間分散

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

行政コストの関連情報