コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

術後腹膜炎 じゅつごふくまくえん postoperative peritonitis

1件 の用語解説(術後腹膜炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

術後腹膜炎
じゅつごふくまくえん
postoperative peritonitis

腹部の手術に起因する腹膜炎。胃腸管,胆膵管などの縫合部分が破れたりして胃腸管内容や胆汁が流出して起る場合と,腹腔内の汚染,手術器具やガーゼの遺残などから起る場合がある。手術後十数時間で症状が出るものもあるが,多くは2~7日目頃に出現する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

術後腹膜炎の関連キーワード穿孔性腹膜炎腹膜炎腹腔鏡手術再建手術結核性腹膜炎骨盤内腹膜炎胆汁性腹膜炎伝染性腹膜炎汎発性腹膜炎腹膜炎 (peritonitis)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone