コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

字彙 ジイ

デジタル大辞泉の解説

じ‐い〔‐ヰ〕【字彙】

漢字を類別して集め、字義用法などを解説した書物字引字書

じい【字彙】[書名]

中国の字書。12巻。明の梅膺祚(ばいようそ)編。所収3万3179字。214部首を立て、各部ごとに画数によって配列

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じい【字彙】

漢字を類別して集め、意味などを解説した書物。字引。字書。字典。

じい【字彙】

中国の字書。一二集。他に首・末二巻。明の梅膺祚ばいようその撰。画引き字書の最初のもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

字彙
じい

中国の字書。明(みん)の梅膺祚(ばいようそ)の撰(せん)。1615年(万暦43)刊行。3万3000余の漢字を214の部首に分け、部首の配列および部首内部の漢字配列はいずれも筆画の多少により、各字の下には古典や古字書を引用して字義を記す。検索しやすく便利な字書として広く用いられた。部首内の漢字を筆画順に並べることは金(きん)の韓道昭(かんどうしょう)『五音篇(へん)海』(1208刊)に始まるが、本書は筆画順の原則を部首にも適用し、かつ部首の数を『説文解字(せつもんかいじ)』の540、『五音篇海』の444から大幅に整理した。214部による筆画順の漢字配列法は、清(しん)朝の『康煕(こうき)字典』、中華民国の『辞海』、日本の各種漢和字典にも受け継がれ、字書史上に大きな意味をもつ。[平山久雄]
『福田襄之介著『中国字書史の研究』(1979・明治書院) ▽小川環樹著「中国の字書」(『日本語の世界3 中国の漢字』所収・1981・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

字彙の関連キーワードパウルス・クワ三省堂[株]古川常一郎道富波留麻輝石玄武岩井上哲次郎多羅要鈔桂川甫周金内格三岩崎長世康熙字典河原風来島本鳳泉地下変質蓋然性正字通粘性主権工業番号

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android