コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衛星電話 エイセイデンワ

デジタル大辞泉の解説

えいせい‐でんわ〔ヱイセイ‐〕【衛星電話】

satellite phone》通信衛星を基地局とする移動体通信サービス。自動車、船舶、航空機にアンテナや通信端末を搭載して使用するほか、小型軽量化した携帯電話もある。通話可能エリアが広く、付近に基地局などの通信設備を必要としない。近年はインターネットや電子メールなどのデータ通信にも対応する。静止衛星を使用するインマルサットワイドスタースラーヤ衛星コンステレーションを利用するイリジウムなどの衛星電話サービスがある。衛星携帯電話

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

衛星電話の関連キーワードイリジウム[通信]政府専用機国際電話IMEI

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衛星電話の関連情報