移動体通信(読み)いどうたいつうしん

ASCII.jpデジタル用語辞典「移動体通信」の解説

移動体通信

高度情報化社会には必要不可欠な通信手段。モバイルコミュニケーションとも言われる。主な用途は音声通話だが、最近はデータ通信用途での活用が進展。いつでも、どこからでも、誰にでも簡単に情報を送信することが可能になった。携帯電話PHSが代表的。コードレス電話やPDA、衛星携帯電話、ポケットベル自動車電話列車電話船舶電話、航空機電話も移動体通信に属す。衛星携帯電話などの一部の例外を除き、移動体通信の端末は最寄りの基地局まで無線通信を行ない、基地局以遠の通信は通常の通信と同様に有線で行なわれる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「移動体通信」の解説

いどうたいつうしん【移動体通信 mobile communication】

移動体に搭載された通信端末対象とした通信を移動体通信,その通信システムを移動体通信網という。現在,携帯電話自動車電話列車電話船舶電話ポケットベルなどが広く実用されている。移動体との通信連絡には無線を使用しなければならない。移動体に搭載される送受信装置は小型,軽量,小電力であることが要求される。移動体は通信中でも移動するので絶えずそれを追いかける追跡交換技術も必要である。移動体通信網を実現するためには,このようなふつうの固定通信とは違った多くの問題を解決する必要がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android