衣手を(読み)コロモデヲ

デジタル大辞泉の解説

ころもで‐を【衣手を】

[枕]衣を砧(きぬた)で打つ意から、「うち」にかかる。
「―打廻(うちみ)の里にある我を」〈・五八九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ころもでを【衣手を】

( 枕詞 )
きぬたで打つの意から、同音の「打廻うちみ」にかかる。 「 -打廻の里にある我を/万葉集 589

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ころもで‐を【衣手を】

① 地名「うちみの里」にかかる。きぬたで衣を打つ意からか。
万葉(8C後)四・五八九「衣手(ころもでヲ)うちみの里にある吾れを知らにそ人は待てど来ずける」
② 「高屋(たかや)」「葦毛(あしげ)」にかかる。かかり方未詳。
※万葉(8C後)九・一七〇六「ぬば玉の夜霧は立ちぬ衣手(ころもでを)高屋の上にたなびくまでに」
[補注]②の用例は、「ころもで」「ころもでの」とよむ説もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android