衣浦(きぬうら)港

デジタル大辞泉プラスの解説

衣浦(きぬうら)港

愛知県にある境川の河口部に位置する。1957年4月設立。「衣ヶ浦(ころもがうら)」の名で知られた古くからの港。港湾管理者は、愛知県。重要港湾(1957年5月指定)。周辺には金属化学などの工場が立地。港湾区域面積は、4,020ヘクタール。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の衣浦(きぬうら)港の言及

【三河湾】より

… 1960年代から臨海工業用地の造成に力が入れられ,渥美湾奥に東三河,知多湾奥に衣浦(きぬうら)臨海工業地域が成立した。豊橋,田原,蒲郡(がまごおり),西浦の4港を統合した三河港は1964年に,半田,武豊,高浜など8港を統合した衣浦港は1962年にそれぞれ重要港湾に指定された。湾の入口には篠島日間賀(ひまか)島,佐久島が浮かび,海水浴客,釣客でにぎわう。…

※「衣浦(きぬうら)港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android