境川(読み)さかいがわ

  • さかいがわ さかひがは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山梨県中部,笛吹市中西部の旧村域。甲府盆地南部,笛吹川左岸の扇状地御坂山地北麓の丘陵地を占める。 1903年村制。 2004年石和町,御坂町,一宮町,八代町,春日居町と合体して笛吹市となった。米作と麦作,養蚕が主体であったが,ナシの果樹栽培への転換が目立つ。坊ヶ峰は眺望がよい。小黒坂は俳人飯田蛇笏・龍太父子の生地。
神奈県中部を流れる川。名称相模国武蔵国境界をなしたことに由来する。全長 69km。相模原台地多摩丘陵の間を南東流し,現在も上流は東京都と神奈川県のとなっている。中流で南に向きを変え,藤沢市片瀬で相模湾に注ぐ。河口付近は片瀬川とも呼ばれる。流域の都市化に伴い,河水の汚濁と降雨時の増水に対する対策が進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

神奈川県の東部南北に流れる川。県の北端部にある城山湖(1965年完成の人造湖)付近から発して,多摩丘陵の南縁を東流し,しだいに向きを南に変え,丘陵の西縁を南下し,丘陵内部から流出する小河川を合わせて,江の島対岸で相模湾に注ぐ。延長52km,流域面積213km2。河口近くで最長の支流柏尾(かしお)川を合わせてからは片瀬川ともよばれる。上流部は東京都町田市と神奈川県相模原市との境界をなし,旧武蔵・相模両国境にあたることから境川と名付けられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(上流が相模国と武蔵国との国境を流れているため) 神奈川県中東部を南流する川。多摩丘陵に発し、藤沢市片瀬で相模湾に注ぐ。河口付近は片瀬川と呼ばれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android