コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣衣/後朝 キヌギヌ

デジタル大辞泉の解説

きぬ‐ぎぬ【衣/後朝】

衣を重ねて掛けて共寝をした男女が、翌朝別れるときそれぞれ身につける、その衣。
「しののめのほがらほがらと明けゆけばおのが―なるぞ悲しき」〈古今・恋三〉
男女が共寝をして過ごした翌朝。また、その朝の別れ。
「―になるとも聞かぬ鳥だにも明けゆくほどぞ声も惜しまぬ」〈新勅撰・恋三〉
男女、夫婦の離別。
「此の如くに、―になるとても、互ひに飽き飽かれぬ仲ぢゃほどに」〈狂言記・箕被〉
物が離れ離れになること。
「首と胴との―」〈浮・伝来記・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例