コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣通郎姫 そとおりの いらつめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

衣通郎姫 そとおりの-いらつめ

記・紀にみえる允恭(いんぎょう)天皇の妃。
「日本書紀」では允恭天皇の皇后忍坂大中姫(おしさかのおおなかつひめ)の妹である弟姫(おとひめ),「古事記」では同皇后の娘の軽大郎女(かるのおおいらつめ)とする。名の由来は,容姿の美しさが衣をとおしてかがやいたことによる。
【格言など】君が往(ゆ)きけ長くなりぬ山たづの迎へを行かむ待つには待たじ(「古事記」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

衣通郎姫

生年:生没年不詳
5世紀半ば,允恭天皇の妃。弟姫ともいう。『日本書紀』允恭天皇の条によると,新室の宴で皇后忍坂大中姫は舞い終わったのち,当時の習俗に従って,妹の衣通郎姫を允恭天皇に献じた。名前の由来は,その美しさが衣を通って輝いたことによる。天皇は7度召したが姉の嫉妬を恐れて参向しなかった。使者の懇請で近江坂田(滋賀県坂田郡)から大和の藤原(奈良県高市郡明日香村)へ移ったが,姉の嫉妬がやまないため,天皇は河内茅渟(大阪府泉佐野市付近か)に移り住まわせ,諸国造に科して名代の藤原部を定めて資養させた。『古事記』允恭天皇に載る天皇の娘の衣通郎女は別人であろう。

(小林茂文)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の衣通郎姫の言及

【衣通姫】より

…生没年不詳。《日本書紀》では弟姫,衣通郎姫(いらつめ)という。同書によれば,允恭7年に新室の宴で皇后がみずから舞い,当時の風俗に従い妹を献じたという。…

※「衣通郎姫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

衣通郎姫の関連キーワード藤原琴節郎女大伴室屋軽大郎女衣通姫私部

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android