コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽大郎女 カルノオオイラツメ

デジタル大辞泉の解説

かる‐の‐おおいらつめ〔‐おほいらつめ〕【軽大郎女】

允恭天皇の皇女。同母兄軽皇子との不倫が発覚し、古事記では伊予に流された軽皇子を追って死んだと伝え、日本書紀では伊予に流されたと伝える。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かるのおおいらつめ【軽大郎女】

允恭いんぎよう天皇の皇女。同母の兄軽皇子かるのみことの近親相姦を伝える記紀の悲劇的歌謡物語の女主人公。古事記では、流刑の軽皇子を追って伊予に行き、そこで心中したと伝え、日本書紀では、太子である軽皇子に代わって伊予に流されたとされる。衣通郎女そとおりのいらつめ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の軽大郎女の言及

【軽太子・軽大郎女】より

…記紀の允恭(いんぎよう)天皇条に兄妹で相姦したと伝えられる皇子・皇女。《古事記》によれば,允恭天皇の死後即位予定者である軽太子が同母妹軽大郎女と通じたため,天下の人心は軽太子を離れて弟の穴穂(あなほ)皇子になびいた。両皇子とも兵をおこし一戦におよぶが,軽太子は捕らえられて伊予の湯(道後温泉)に流される。…

※「軽大郎女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報