コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弟姫/乙姫 オトヒメ

2件 の用語解説(弟姫/乙姫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おと‐ひめ【弟姫/乙姫】

竜宮に住むという美しい姫。
妹の姫。⇔兄姫(えひめ)
「―、父(かぞ)の憂ふる色を怪しびて」〈皇極紀〉
年若い姫。
「篠原の―の子ぞ」〈肥前風土記

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弟姫 おとひめ

記・紀にみえる応神天皇の妃。
阿倍皇女,淡路御原(あわじのみはらの)皇女,紀之菟野(きのうのの)皇女を生む。「古事記」では弟日売命。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

弟姫/乙姫の関連キーワード乙姫桂男居留住み満つ玉手箱八天狗美姫美美しい青鬼赤鬼

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone