コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表面エネルギー ひょうめんエネルギー surface energy

1件 の用語解説(表面エネルギーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表面エネルギー
ひょうめんエネルギー
surface energy

固体や液体が異種の物質と接している表面は常に収縮しようとしている。これに逆らって表面積dA だけ等温的に増加させる仕事 dGdA に比例する。このときの比例定数γが表面張力であり,等温的に表面を単位面積だけ増加させるために必要な仕事である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の表面エネルギーの言及

【表面張力】より

… 表面張力は液体内部では等方的に働いている分子間力が,表面ではあまって現れるものであり,温度を一定に保って表面積を単位面積だけ広げるに要する仕事に等しい。このような形で表面に蓄えられると考えられるエネルギーを一般に表面エネルギーと呼ぶ。小さな水滴が球状の形をとったり,シャボン玉が球形になるのも,表面積を小さくして表面エネルギーを極小にする効果と考えられる。…

※「表面エネルギー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

表面エネルギーの関連キーワード界面化学凝固熱真空蒸発代謝拮抗物質蛋白光溶媒界面吸着剤前駆体果粉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone