コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潜熱 せんねつlatent heat

翻訳|latent heat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潜熱
せんねつ
latent heat

物質が温度を変えないで,その状態 (気体,液体,固体) を変えるために吸収または発生する熱。たとえば融解熱 (→融解 ) ,気化熱 (蒸発熱または昇華熱) などがある。潜熱は単位量 (1g,1kg,または 1mol) あたりに要する熱量で表わされ,定まった温度では物質に固有の値をもつ。潜熱は一定の温度と圧力のもとで物質の相が転移する際に吸収または発生する熱量であるから転移熱とも呼ばれ,熱力学では2つの相のエンタルピーの差で与えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せん‐ねつ【潜熱】

内に潜んでいる熱。
「富と権力の底に圧搾された―の必然的爆発により」〈野上真知子
物質の状態変化のためだけに費やされる熱。融解熱気化熱など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

潜熱【せんねつ】

物質の状態変化(相転移)にのみ費やされ,温度変化としては現れない熱。気化熱融解熱がその例だが,例えば0℃の氷1gを融解させるのに必要な融解熱は79.4calだが,この熱を氷に加えても氷の温度は上昇せず,すべて融解に使われる。
→関連項目キャベンディシュ凝固熱凝縮熱熱量計復氷ブラック

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

潜熱

融解や気化など一次の相転移に伴う熱で,転移熱(heat of transition)ともいう[長倉ほか : 1998].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

潜熱

 温度変化に寄与しない熱.気化熱,融解熱など.対語顕熱

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんねつ【潜熱 latent heat】

一次相転移に伴って現れる熱。物質の温度は変化させないで,物質の状態を変化させるために費やされる。融解熱や気化熱などが潜熱の例であり,例えば0℃の氷1gを融解させるのに必要な融解熱は79.4calであるが,この熱を氷に加えても氷の温度は上昇せず,すべて融解に使われる。より大きな熱を加えた場合も融解が完全に終わるまでは温度は一定に保たれる。物体に熱を与えたとき,その熱量に比例して温度変化が現れる場合,この熱を潜熱に対して顕熱sensible heatということがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんねつ【潜熱】

物質の状態変化のとき、温度変化を伴わずに吸収または放出される熱量。一モルあるいは単位質量あたりの値で表す。例えば、融解熱・気化熱など。 ↔ 顕熱
内部にひそんでいる熱。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潜熱
せんねつ

一般に物体に熱を加えれば物体の温度は上昇する。しかし、1気圧で氷に熱を加えると、0℃になるまでは温度が上がるが、その後はいくら熱を加えても、氷が融解してしまうまでは温度が上がらない。このように、加えても温度の上昇を伴わない熱を潜熱という。潜熱は、固体から液体といった状態の変化に際しておこる。融解に伴う潜熱を融解熱、蒸発に伴う潜熱を蒸発熱という。また、固体から気体に直接変化する昇華の際の潜熱を昇華熱という。
 潜熱は、固体、液体、気体の間の相転移の場合に限らず、固体の間の相転移でも存在する場合があり、この場合の潜熱を転移熱という。また一般に潜熱を伴う相転移を一次相転移という。磁性体の強磁性体―常磁性体転移は二次相転移で、転移点で比熱は大きくなるが、転移熱は存在しない。なお、一次の相転移では体積の変化を伴う。潜熱は一般に、単位質量当りの熱量で表すが、1モル当りの熱量で表すこともある。
 蒸発熱Lなどの精密な測定は、熱量測定に伴う誤差のため困難であるが、クラウジウス‐クラペイロンの方程式を用いれば、蒸気圧Pの温度による変化と、蒸発の際の体積の変化ΔVから間接に測定できる。この方程式は
  dP/dT=L/(TΔV)
である。なお、このような関係は他の相転移の場合にも適用できる。[小野 周]

気象

気象学では水物質の状態変化に伴う潜熱をさす。熱帯洋上の空気は高温多湿であるが、この空気が上昇運動によって冷却すると、含まれている水蒸気が凝結し大量の潜熱を放出する。この潜熱は熱帯低気圧の主要なエネルギー源となっている。[股野宏志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の潜熱の言及

【熱】より

…彼はG.D.ファーレンハイトらの研究に手がかりを得て,氷がとけるときに温度が変わらないこと,そのときに必要な熱で同量の水の温度を約80℃上げられることを明らかにし,さらに水の蒸発についても同様の事実を発見した。この潜熱の発見に続いてブラックは,1760年ころ熱容量の研究を始めた。物質によって同じ量を同じ温度上げるのに必要な熱量が異なることを示したのである。…

※「潜熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

潜熱の関連キーワードキスティアコウスキー‐フィッシュタインの式ノルマルパラフィントルートンの規則真空のエネルギーワットの法則ワトソンの式熱帯低気圧ボウエン比積雲対流フェーン気象力学冷却曲線湿球温度真空凍結蓄熱物質真空冷却真空解凍熱分析溶液論発熱量

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潜熱の関連情報