コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表面反応速度式 rate equation of surface reaction

法則の辞典の解説

表面反応速度式【rate equation of surface reaction】

不均一系で,固体表面に存在している反応物質のみが反応にあずかる場合の速度式.表面に吸着している分子のみが反応に関与するという「ラングミュア‐ヒンシェルウッド機構」では反応速度 v は次のようになる.

反応がA → P(生成物)ならば

vkcA(s)

また,A+B → Pの場合には

vkcA(s)cB(s)

のようになる.ここで添字のsは表面濃度であることを意味する.

一方,表面上の分子と,均一相(気相や液相)中の分子との反応を考えるリディール機構*では

vkcA(s)cB

となる.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

表面反応速度式の関連キーワードリディール機構

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android