コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表面反応速度式 rate equation of surface reaction

1件 の用語解説(表面反応速度式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

表面反応速度式【rate equation of surface reaction】

不均一系で,固体表面に存在している反応物質のみが反応にあずかる場合の速度式.表面に吸着している分子のみが反応に関与するという「ラングミュアヒンシェルウッド機構」では反応速度 v は次のようになる.

反応がA → P(生成物)ならば

vkcA(s)

また,A+B → Pの場合には

vkcA(s)cB(s)

のようになる.ここで添字のsは表面濃度であることを意味する.

一方,表面上の分子と,均一相(気相や液相)中の分子との反応を考えるリディール機構*では

vkcA(s)cB

となる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

表面反応速度式の関連キーワード化学平衡可逆反応ヒル反応ラジカル反応接触反応逐次反応不均化沈殿物凝縮系リディール機構

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone