コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表面反応速度式 rate equation of surface reaction

1件 の用語解説(表面反応速度式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

表面反応速度式【rate equation of surface reaction】

不均一系で,固体表面に存在している反応物質のみが反応にあずかる場合の速度式.表面に吸着している分子のみが反応に関与するという「ラングミュアヒンシェルウッド機構」では反応速度 v は次のようになる.

反応がA → P(生成物)ならば

vkcA(s)

また,A+B → Pの場合には

vkcA(s)cB(s)

のようになる.ここで添字のsは表面濃度であることを意味する.

一方,表面上の分子と,均一相(気相や液相)中の分子との反応を考えるリディール機構*では

vkcA(s)cB

となる.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone