コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表面温度計 ひょうめんおんどけいsurface temperature sensor

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうめんおんどけい【表面温度計 surface temperature sensor】

物体の表面層の温度を測定するための温度計。接触式と非接触式とに大別される。前者実例として,小型の熱電温度計サーミスター温度計物体の表面に押し付けて温度を測る形式のものがあげられるが,温度計を押し付ける操作に伴って表面温度そのものが変わってしまうことのないよう注意する必要がある。一方,非接触式の代表例は各種の放射温度計であって,その使用の際には表面温度そのものが変わるおそれは事実上ないが,表面の見かけの温度から真の温度を求めるためには表面の放射率を知っておく必要がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

表面温度計の関連情報