コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表面金利(読み)ひょうめんきんり(英語表記)nominal interest rate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表面金利
ひょうめんきんり
nominal interest rate

金融機関が取引先貸出しを行なう場合に,取引先と約定したそのままの金利。これに対して,同じ取引先が同じ銀行に預けてある預金などを勘案し,取引先の実質的な金利負担を計算したものを実効金利という。実効金利は一般に預金の利回りが高いほど低く,また,貸出しの表面金利が預金の利回りを上回っている場合には,預金の額が多いほど高くなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうめんきんり【表面金利】

金融機関が資金を貸し出す際に、借主と約定した金利。クーポン-レート。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android