コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袋狼 フクロオオカミ

デジタル大辞泉の解説

ふくろ‐おおかみ〔‐おほかみ〕【袋×狼】

フクロネコ科の哺乳類。外形はオオカミに似る。体長1~1.3メートル、尾長50~55センチ。体色淡褐色で背から尾にかけ暗色横縞がある。タスマニア島の森林に生息したが、移民による大量捕殺により絶滅したと考えられる。タスマニアタイガータスマニアオオカミ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくろおおかみ【袋狼】

有袋目の哺乳類。外形はイヌに似るが育児囊のうをもつ。頭胴長約1.1メートル、尾長約55センチメートル。全身淡褐色で、背から尾にかけて暗褐色の横縞がある。主に小形の鳥獣類を捕食する。かつてタスマニアに分布したが、現在は生息が確認できず、絶滅したとされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

袋狼 (フクロオオカミ)

学名:Thylacinus cynocephalus
動物。フクロネコ科のオオカミ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

袋狼の関連キーワードタスマニアンタイガータスマニア島暗褐色

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android