(読み)オオカミ

デジタル大辞泉の解説

おお‐かみ〔おほ‐〕【×狼】

《「大神」の意》食肉目イヌ科の哺乳類。中形で、吻(ふん)が長く、耳は立ち、先がとがり、尾が太い。ヨーロッパ・アジア・北アメリカに分布。春から夏にかけて家族単位で暮らし、冬には群れをつくって共同で狩りをし、大形のシカなども襲う。亜種にヨーロッパオオカミやシンリンオオカミ、別種に絶滅したニホンオオカミなどがある。 冬》日本狼
優しそうに装っているが、実際は恐ろしい人。「送り
《「狼に衣」のことわざから》破戒僧
「―へ犬のついてる御殿山」〈柳多留・二四〉

おお‐かめ〔おほ‐〕【×狼】

おおかみ」の音変化。
「―モ羊モ水ヲ飲ムニ」〈天草本伊曽保・狼と羊〉

ろう【狼】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ロウ(ラウ)(呉)(漢) [訓]おおかみ
動物の名。オオカミ。「狼藉(ろうぜき)狼狽(ろうばい)餓狼豺狼(さいろう)
星の名。シリウス。「天狼星
[難読]狼狽(うろた)える狼煙(のろし)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおかみ【狼】

食肉目イヌ科の哺乳類。体長1.2メートル、肩高80センチメートルほど。全身灰褐色で、冬は淡色となる。原野・森林にすみ、性質は荒く、鳥獣を捕食し、時には人や家畜を襲う。北アメリカとユーラシア北部に分布。日本には亜種のエゾオオカミと近縁種のニホンオオカミがいたが、いずれも絶滅した。また、古来超自然の能力をもつ獣と考えられ、山の神の化身・使者として「お犬様」と呼ばれ信仰の対象にもなっている。 [季] 冬。
表面は優しそうにしていても、すきを見せるとたちまち襲いかかってくるもの。 「男はみんな-よ」 「送り-」

おおかめ【狼】

「おおかみ」の転。中世以降の語。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狼の関連情報