(読み)オオカミ

デジタル大辞泉の解説

おお‐かみ〔おほ‐〕【×狼】

《「大神」の意》食肉目イヌ科の哺乳類。中形で、吻(ふん)が長く、耳は立ち、先がとがり、尾が太い。ヨーロッパ・アジア・北アメリカに分布。春から夏にかけて家族単位で暮らし、冬には群れをつくって共同で狩りをし、大形のシカなども襲う。亜種にヨーロッパオオカミやシンリンオオカミ、別種に絶滅したニホンオオカミなどがある。 冬》日本狼
優しそうに装っているが、実際は恐ろしい人。「送り
《「狼に衣」のことわざから》破戒僧
「―へ犬のついてる御殿山」〈柳多留・二四〉

おお‐かめ〔おほ‐〕【×狼】

おおかみ」の音変化。
「―モ羊モ水ヲ飲ムニ」〈天草本伊曽保・狼と羊〉

ろう【狼】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ロウ(ラウ)(呉)(漢) [訓]おおかみ
動物の名。オオカミ。「狼藉(ろうぜき)狼狽(ろうばい)餓狼豺狼(さいろう)
星の名。シリウス。「天狼星
[難読]狼狽(うろた)える狼煙(のろし)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおかみ【狼】

食肉目イヌ科の哺乳類。体長1.2メートル、肩高80センチメートルほど。全身灰褐色で、冬は淡色となる。原野・森林にすみ、性質は荒く、鳥獣を捕食し、時には人や家畜を襲う。北アメリカとユーラシア北部に分布。日本には亜種のエゾオオカミと近縁種のニホンオオカミがいたが、いずれも絶滅した。また、古来超自然の能力をもつ獣と考えられ、山の神の化身・使者として「お犬様」と呼ばれ信仰の対象にもなっている。 [季] 冬。
表面は優しそうにしていても、すきを見せるとたちまち襲いかかってくるもの。 「男はみんな-よ」 「送り-」

おおかめ【狼】

「おおかみ」の転。中世以降の語。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐いぬ【狼】

〘名〙 動物「おおかみ(狼)」の異名。
※菅江真澄遊覧記(1784‐1809)「慈覚大師のたましゐをこめて作たまへは、此ひかりにおちて、おいぬ(〈注〉狼をいふ)、うちなの、ゆめ此邑に入来す」

おお‐かみ おほ‥【狼】

〘名〙
① イヌ科の哺乳類。大きさは大型のイヌくらい。耳は立ち、尾は長く、ふさふさした毛がある。体毛は灰茶色、時に白色、黒色。群れをなし、大形のシカなどを食べるほか、冬には家畜を襲うこともある。平原や林の岩場などにすみ、ほえ声は遠くまで響く。ヨーロッパ、アジア、北アメリカに分布。タイリクオオカミ、マダラオオカミ、シロオオカミなどともいう。三二亜種があり、日本にはニホンオオカミ、エゾオオカミの二亜種がいたが明治時代に絶滅したとされている。おおくちのまがみ。やまいぬ。おおかめ。《季・冬》
※書紀(720)雄略五年二月(前田本訓)「陛下譬へば豺狼(オホカミ)に異(け)なること無し」
② (「狼に衣」のことわざから) うわべはやさしくよそおっていて実は凶悪な人。特に、破戒僧の異称。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)三「衣着た狼女ばかりくひ」
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻一四上「狼が送れば狸先へたち」
[補注]①は昔から、「山神の使い」として敬われ、埼玉県三峰神社、静岡県山住神社など各地の神社に像があり、「御犬」と呼ばれる姿を描いた守札が出されている。この守札を門口に貼っておくと、盗難・災難よけになり、田畑に竹などに差しておくと鳥獣が荒さないという。なお、中世から「おおかめ」と呼ばれることも多かった。

おお‐かめ おほ‥【狼】

〘名〙 「おおかみ(狼)」の変化した語。〔法華経音訓(1386)〕
※談義本・当世下手談義(1752)三「虎(とら)(オホカメ)のやうな主人も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狼の関連情報