コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖の子 ソデノコ

デジタル大辞泉の解説

そで‐の‐こ【袖の子】

《僧が托鉢(たくはつ)の際に袖を広げて布施米を受けたところから》の別名。
「宇治山のすそのの小田の苗代にいくらかまきし―の種」〈丹後守為忠百首〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そでのこ【袖の子】

〔托鉢たくはつ僧が米を袖で乞い受けることからという〕
稲の異名。 「うぢ山のすそ野のをだの苗代にいくらかまきし-の種/為忠百首 丹後守

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android