コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

托鉢 たくはつpiṇḍapātika

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

托鉢
たくはつ
piṇḍapātika

仏教僧が経文を称えながらを持って人家を回り食べ物を乞うこと。乞食 (こつじき) のこと。中国,宋時代からこの語は使われるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たく‐はつ【×托鉢】

[名](スル)僧尼が修行のため、経を唱えながら各戸の前に立ち、食物や金銭を鉢に受けて回ること。乞食(こつじき)。行乞(ぎょうこつ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

托鉢【たくはつ】

仏僧が,鉢を持ち,食物を乞うて歩くこと。乞食(こつじき)とも。その方法には厳密な規定がある。鉢の語は中国で宋代から使用された。禅宗ではとくに重要な修行とされ,日を定め集団で托鉢に出た。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たくはつ【托鉢】

サンスクリットのパインダパーティカpaiṇḍapātikaの訳で,行乞(ぎようこつ),乞食(こつじき)などとも訳される。インドでは婆羅門(ばらもん)教などに鉢をもって在家に食を乞(こ)うことが行われたが,仏教もその風習をとり入れ,出家した僧は,厳密に定められた種々の規律に従って行乞を行い,生活の手段とした。中国や日本では主として禅宗において行われ,軒鉢(けんぱつ)と称して家ごとに喜捨を乞うていく形式と,連鉢(れんぱつ)と称して一軒一軒立ちどまることなく道を歩く様式がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たくはつ【托鉢】

( 名 ) スル
pindapātika 鉢の中に物を受ける意〕
修行僧が、鉢を持って市中を歩き、他人の家の前に立って施しの米や金銭を受けて回ること。乞食こつじき。 「 -僧」 「市中を-する」
禅寺で食事の際、僧が鉢を持って僧堂に行くこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

托鉢
たくはつ

(はつ)(とくに鉄鉢(てっぱつ))を持って食物を乞(こ)うこと。乞食(こつじき)ともいう。托鉢の語は中国宋(そう)代から用いられるようになった。パーリ語、サンスクリット語ではピンダパータpiaptaといい、インドの修行者は、托鉢によって食物を得た。最初期の仏教の比丘(びく)たちは、もっぱら托鉢によって食を得たが、のちに仏教信者からの「招待食(しょうたいじき)」も受けるようになった。頭陀行者(ずだぎょうじゃ)たちは、あえて招待食を拒否し、托鉢食のみによった。現在スリランカ(セイロン)、ミャンマー(ビルマ)、タイなどの仏教国で、早朝托鉢をする黄衣の僧たちの姿がみられる。日本では、禅宗や普化(ふけ)宗などでとくに托鉢が行われ、修行の一つともみなされている。雲水(うんすい)たちは、托鉢をしながら諸国を行脚(あんぎゃ)し修行に励む。[阿部慈園]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の托鉢の言及

【乞食】より


[日本]
 こじきは地方によりコジキ,モライ,カタイ,ホイト,カンジン,ヘンドなどをはじめ実にさまざまの呼び名がある。ただしコジキの呼び名がもともとは仏教僧の托鉢(たくはつ)を意味する乞食(こつじき)からきているように,その多くは本来の意味からの転用である。したがって,こじきの範囲は今日一般に考えられているよりもはるかに広く,そのさかいめもあいまいであった。…

※「托鉢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

托鉢の関連キーワードメフレビー・デルビーシュ・ダンスフランチェスコ修道会フラティチェリサンスクリットダルウィーシュバームベーリ托鉢修道会ドミニコ会托鉢教団鈴慕流し三衣一鉢鉢を托く鉢を開く七つ坊主良寛餅袖の子修道院修行僧御鉢料一灯園

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

托鉢の関連情報