コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 イナ

8件 の用語解説(稲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いな【稲】

「いね」の変化した語。複合語として用いられる。「穂」「田」 秋》

いね【稲】

イネ科の一年草。実がで、広く主食とされ、水田や畑で栽培し、畑に作るものは陸稲(おかぼ・りくとう)とよばれる。インドまたは東南アジアの原産。日本では先史時代から栽培。高さ約1メートル。多く、春、種を苗代にまいて、梅雨のころ苗を本田(ほんでん)に移し植え、秋に収穫。に炊く粳(うるち)と、餅(もち)にする糯(もち)とがあり、栽培品種は多い。また収穫の時期により、早稲(わせ)中稲(なかて)晩稲(おくて)と区別する。 秋》「道暮れて―の盛りぞちからなる/暁台
紋所の名。
[補説]イネ科の単子葉植物は約700属1万種がある。多くは草本、茎は中空で節があり、葉は細長い。花はふつう両性花で、穂状につく。トウモロコシなど主要な穀物が含まれる。

しね【稲】

いね。多く、他の語の下に付いて複合語の形で用いる。「荒
「み―搗(つ)く女(をみな)の佳さ」〈神楽・細波〉

とう【稲〔稻〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]トウ(タウ)(漢) [訓]いね いな
〈トウ〉イネ。「水稲晩稲陸稲
〈いな〉「稲作稲妻稲光稲穂
[名のり]ね
[難読]稲荷(いなり)稲熱病(いもちびょう)粳稲(うるしね)陸稲(おかぼ)晩稲(おくて・おしね)税稲(ちからしね)・中稲(なかて)・稲架(はさ)早稲(わせ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いな【稲】

「いね」の転。多く他の名詞と複合して用いられる。 「 -作」 「 -穂」 「神のさき田に-の穂の/神楽歌」

いね【稲】

イネ科の一年草。東南アジア原産。水稲すいとうと陸稲りくとう(おかぼ)とがあり、水田に栽培される水稲が主であるが、まれに陸稲が畑で栽培される。日本では縄文時代後期には栽培されていたとされ、農業上最も重要な作物。高さ1メートル 前後、葉は線形で互生する。夏から秋の頃、茎頂に多数の小穂からなる花穂をつける。穎果えいかを脱穀したものが米である。多数の栽培品種がある。成熟時期により、早稲わせ・中稲なかて・晩稲おくてに、またデンプンの質により、糯もちと粳うるちに分ける。 [季] 秋。
[句項目]

しね【稲】

いね。多く、他の語の下に付いて複合語として用いられる。 「荒-」 「み-搗く女おみなの良さ/神楽歌」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稲の関連キーワード犬稗禾本科雀の帷子庭埃蓑米脚細雀萱糠黍イヌビエ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

稲の関連情報