コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イナ

デジタル大辞泉の解説

いな【稲】

「いね」の変化した語。複合語として用いられる。「穂」「田」 秋》

いね【稲】

イネ科の一年草。実がで、広く主食とされ、水田や畑で栽培し、畑に作るものは陸稲(おかぼ・りくとう)とよばれる。インドまたは東南アジアの原産。日本では先史時代から栽培。高さ約1メートル。多く、春、種を苗代にまいて、梅雨のころ苗を本田(ほんでん)に移し植え、秋に収穫。に炊く粳(うるち)と、餅(もち)にする糯(もち)とがあり、栽培品種は多い。また収穫の時期により、早稲(わせ)中稲(なかて)晩稲(おくて)と区別する。 秋》「道暮れて―の盛りぞちからなる/暁台
紋所の名。
[補説]イネ科の単子葉植物は約700属1万種がある。多くは草本、茎は中空で節があり、葉は細長い。花はふつう両性花で、穂状につく。トウモロコシなど主要な穀物が含まれる。

しね【稲】

いね。多く、他の語の下に付いて複合語の形で用いる。「荒
「み―搗(つ)く女(をみな)の佳さ」〈神楽・細波

とう【稲〔稻〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]トウ(タウ)(漢) [訓]いね いな
〈トウ〉イネ。「水稲晩稲陸稲
〈いな〉「稲作稲妻稲光稲穂
[名のり]ね
[難読]稲荷(いなり)稲熱病(いもちびょう)粳稲(うるしね)陸稲(おかぼ)晩稲(おくて・おしね)税稲(ちからしね)中稲(なかて)・稲架(はさ)早稲(わせ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いな【稲】

「いね」の転。多く他の名詞と複合して用いられる。 「 -作」 「 -穂」 「神のさき田に-の穂の/神楽歌」

いね【稲】

イネ科の一年草。東南アジア原産。水稲すいとうと陸稲りくとう(おかぼ)とがあり、水田に栽培される水稲が主であるが、まれに陸稲が畑で栽培される。日本では縄文時代後期には栽培されていたとされ、農業上最も重要な作物。高さ1メートル 前後、葉は線形で互生する。夏から秋の頃、茎頂に多数の小穂からなる花穂をつける。穎果えいかを脱穀したものが米である。多数の栽培品種がある。成熟時期により、早稲わせ・中稲なかて・晩稲おくてに、またデンプンの質により、糯もちと粳うるちに分ける。 [季] 秋。
[句項目]

しね【稲】

いね。多く、他の語の下に付いて複合語として用いられる。 「荒-」 「み-搗く女おみなの良さ/神楽歌」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

稲 (イネ)

学名:Oryza sativa
植物。イネ科一年草,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

稲の関連キーワード刈り穂・刈穂・苅り穂・苅穂穂に穂が咲く稲掛け・稲掛稲幹・稲茎止見久佐地子稲稲挙ぐ青立ち取手市脱穀機公廨稲刈取機桜川市稲熱病藁におおくて出挙稲金扱き稲扱き手稲区

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲の関連情報