(読み)イナ

デジタル大辞泉の解説

いな【稲】

「いね」の変化した語。複合語として用いられる。「穂」「田」 秋》

いね【稲】

イネ科の一年草。実がで、広く主食とされ、水田や畑で栽培し、畑に作るものは陸稲(おかぼ・りくとう)とよばれる。インドまたは東南アジアの原産。日本では先史時代から栽培。高さ約1メートル。多く、春、種を苗代にまいて、梅雨のころ苗を本田(ほんでん)に移し植え、秋に収穫。に炊く粳(うるち)と、餅(もち)にする糯(もち)とがあり、栽培品種は多い。また収穫の時期により、早稲(わせ)中稲(なかて)晩稲(おくて)と区別する。 秋》「道暮れて―の盛りぞちからなる/暁台
紋所の名。
[補説]イネ科の単子葉植物は約700属1万種がある。多くは草本、茎は中空で節があり、葉は細長い。花はふつう両性花で、穂状につく。トウモロコシなど主要な物が含まれる。

しね【稲】

いね。多く、他の語の下に付いて複合語の形で用いる。「荒
「み―搗(つ)く女(をみな)の佳さ」〈神楽・細波

とう【稲〔稻〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]トウ(タウ)(漢) [訓]いね いな
〈トウ〉イネ。「水稲晩稲陸稲
〈いな〉「稲作稲妻稲光稲穂
[名のり]ね
[難読]稲荷(いなり)稲熱病(いもちびょう)粳稲(うるしね)陸稲(おかぼ)晩稲(おくて・おしね)税稲(ちからしね)中稲(なかて)・稲架(はさ)早稲(わせ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いな【稲】

「いね」の転。多く他の名詞と複合して用いられる。 「 -作」 「 -穂」 「神のさき田に-の穂の/神楽歌」

いね【稲】

イネ科の一年草。東南アジア原産。水稲すいとうと陸稲りくとう(おかぼ)とがあり、水田に栽培される水稲が主であるが、まれに陸稲が畑で栽培される。日本では縄文時代後期には栽培されていたとされ、農業上最も重要な作物。高さ1メートル 前後、葉は線形で互生する。夏から秋の頃、茎頂に多数の小穂からなる花穂をつける。穎果えいかを脱穀したものが米である。多数の栽培品種がある。成熟時期により、早稲わせ・中稲なかて・晩稲おくてに、またデンプンの質により、糯もちと粳うるちに分ける。 [季] 秋。
[句項目] 稲挙ぐ 稲積む

しね【稲】

いね。多く、他の語の下に付いて複合語として用いられる。 「荒-」 「み-搗く女おみなの良さ/神楽歌」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いな【稲】

〘名〙 「いね(稲)」の変化した語。多く、「稲作」「稲葉」のように、他の名詞と複合して用いる。《季・秋》
※書紀(720)神代下(鴨脚本訓)「吾が高天原に所御(きこしめ)す斎庭(ゆには)の穂(イナのほ)を以て、亦吾が児に当御(まかせまつ)るべし」

いね【稲】

〘名〙
① イネ科の一年草。中国西南部からインド東北部の原産と考えられるが、アフリカ説もある。世界各地の水田や畑で栽培される。高さ〇・五~一メートル。茎は根ぎわで多く分枝して株立ちとなり、円柱形で節をもち中空。葉は長さ三〇~六〇センチメートル、幅三~五ミリメートルの線形で、基部は長いさやとなって茎を包む。夏、茎の頂に円錐花序を直立して多数の小花をつける。花は花被がなく六本の雄しべと一本の雌しべから成り、二枚の苞片(ほうへん)(=もみがら)で覆われる。開花は好天日の午前に限られ、昼前のもみがらが少し開く頃に自家受粉し、受粉が終わると雄しべを外に出してまもなく再びもみがらが閉じる。実はもみがらに包まれて熟し、長楕円形となり、皮が種子(=こめ)に密着している。熟果をつけた穂は重みで先端が下垂する。米は飯か粥(かゆ)にたき主食とするほか、酒、みそ、しょうゆの原料や菓子、糊(のり)などに用いる。精米の途中でとれる糠(ぬか)は肥料、飼料やぬかみそ漬けに用い、また、良質の油がとれる。籾(もみ)は詰め物などに、藁(わら)(=茎)は俵、かます、むしろ、なわ、畳の床などを作るのに用いられる。品種、改良種が多く、主として中国の揚子江以南で栽培される長粒で粘り気の少ないインド型と北緯五〇度付近までで栽培される日本型との二大群があり、成熟時期によって早稲(わせ)・中稲(なかて)・晩稲(おくて)に、作付地によって水稲・陸稲に、デンプンの質によって粳(うるち)・糯(もち)に分けられる。元来、水生植物で高温多湿を好み、日本には縄文時代晩期までに中国を経て渡来し、初めは北九州で栽培され、徐々に近畿・東海・関東から東北地方にまで広がったと考えられている。さらに鎌倉時代には本州北端の津軽地方にまで及び、明治以降は北海道でも栽培されるようになった。とみくさ。たのみ。たなつもの。みとし。おしね。みしね。しね。いな。《季・秋》
※万葉(8C後)一四・三四五九「伊禰(イネ)(つ)けばかかる我(あ)が手を今夜(こよひ)もか殿の若子(わくご)が取りて歎かむ」
② ①を図案化した紋所。「抱き稲」「対(むか)い稲菱」など。

しね【稲】

〘名〙 稲(いね)のこと。「荒稲(あらしね)」「和稲(にきしね)」など、多くは他の語の下に付いて熟語を作るときに用いる。《季・秋》
※書紀(720)顕宗即位前(図書寮本訓)「新墾(にひはり)の十握稲(とつかシネ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲の関連情報