袖井林二郎(読み)そでい りんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

袖井林二郎 そでい-りんじろう

1932- 昭和後期-平成時代の国際政治学者,評論家。
昭和7年3月9日生まれ。アメリカのカリフォルニア大で政治学をまなぶ。帰国後の昭和45年丸木位里・俊の「原爆の図」をアメリカに紹介。50年「マッカーサーの二千日」をあらわし毎日出版文化賞,大宅壮一ノンフィクション賞。51年法大教授。宮城県出身。早大卒。著作に「私たちは敵だったのか」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android