コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖印/袖標 ソデジルシ

デジタル大辞泉の解説

そで‐じるし【袖印/袖標】

戦場で敵味方を見分けるため、鎧(よろい)のにつけたしるし。主に布切れを用いた。袖の笠標(かさじるし)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の袖印/袖標の言及

【笠印】より

…笠(兜の鉢の後ろの鐶(かん)や前立てにつけることが多い)に挿頭した目印であるので,かさじるしと呼ぶとされるが,語源は明確ではない。鎧の袖につけた袖印も,腰につけた腰差しも,おしなべて識別のための目印を笠印と称する。古くは《吾妻鏡》文治5年(1189)7月8日の条に,下河辺行平が先祖藤原秀郷の故実と称して,源頼朝に調進した甲冑の兜の後ろに笠標の簡をつけており,袖につけるのが尋常ではないのかとの疑問を持たれている。…

※「袖印/袖標」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

袖印/袖標の関連キーワード笠印戦場

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android