コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠標 カサジルシ

デジタル大辞泉の解説

かさ‐じるし【×標】

戦場で敵味方を見分けるために、兜(かぶと)などにつけたしるし。多くは小旗を用い、家紋や文字などを染めた。→袖標(そでじるし)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かさじるし【笠標】

戦場で敵味方の識別のために兜かぶとに付ける目印。多く布を使う。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

笠標の関連キーワード笠標付けの鐶笠標の鐶高勝鐶合印笠印識別袖印目印戦場

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android