袖珍本(読み)しゅうちんぼん

大辞林 第三版の解説

しゅうちんぼん【袖珍本】

そでの中に入れて持ち歩きできるぐらいの小形の本。袖珍版。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅうちん‐ぼん シウチン‥【袖珍本】

〘名〙 袖(そで)の中に入れて持ち歩きできるほどの小さい本。袖珍版。袖珍。
※随筆・甲子夜話(1821‐41)二〇「巾箱本・袖珍本の事を本邦にて馬上本と唱へしよし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の袖珍本の言及

【豆本】より

愛書趣味的な本が多い。日本でも〈豆本〉のほか中国渡来の巾箱(きんそう)本,袖珍(しゆうちん)本,寸珍本などの呼称があり,江戸時代の雛(ひな)本,芥子(けし)本などの称がある。どれほどの大きさのものを指すかについてはかなり幅があり,たとえば袖珍本は〈袖に入れて持ち歩ける本〉ということで,英語のpocket book(ポケット判)にあたり,文庫本,新書判はこれに該当する。…

※「袖珍本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android