袖珍本(読み)しゅうちんぼん

精選版 日本国語大辞典「袖珍本」の解説

しゅうちん‐ぼん シウチン‥【袖珍本】

〘名〙 袖(そで)の中に入れて持ち歩きできるほどの小さい袖珍版。袖珍。
※随筆・甲子夜話(1821‐41)二〇「巾箱本・袖珍本の事を本邦にて馬上本と唱へしよし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「袖珍本」の解説

袖珍本
しゅうちんぼん

馬上本ともいう。ポケットのなかに入れられるほどの小型で,携帯に便利な判型の本の総称。大きさで表わすと,A6判,B7判以下が該当する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の袖珍本の言及

【豆本】より

愛書趣味的な本が多い。日本でも〈豆本〉のほか中国渡来の巾箱(きんそう)本,袖珍(しゆうちん)本,寸珍本などの呼称があり,江戸時代の雛(ひな)本,芥子(けし)本などの称がある。どれほどの大きさのものを指すかについてはかなり幅があり,たとえば袖珍本は〈袖に入れて持ち歩ける本〉ということで,英語のpocket book(ポケット判)にあたり,文庫本,新書判はこれに該当する。…

※「袖珍本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android